このサイトでは、未経験でプログラミング初心者だった私村上が、プロのITエンジニアとして日々活躍するようになった現在、今までの経験・転職ノウハウを、これからプログラマ・エンジニアになりたい人に伝えたいという思いで作りました。

 一人でも多くのプログラマ志望の未経験者・初心者の方がプログラマやシステムエンジニアになって、ものを作る喜び、クリエイトする喜びを感じてもらえればと思っています。

 未経験でプログラマになった村上の、プロになった後のスキルの向上のさせかた、日々の研鑽の様子もお伝えしたいと思います。

初心者でもプログラマになれるのか?」という質問に対して、これは私が実際になったわけですから成れますというのが答えです。

 私が現在勤めている会社でも割合は少ないですが、プログラマとして活用されている方がおられます。ただし、独学で来た人には独学で来た人なりの悩みもあるので、そのあたりもお伝え出来ればと思っております。

プログラマになるルートや方法は、年齢や学歴によって違って来ます。以下順番に説明していきます。

未経験者がプログラマになる方法

  1. 新卒・第2新卒の場合は普通に就職活動をすれば良いです。
  2. 学生・社会人が通えるプログラミングスクールや専門学校に入会する
  3. 通学制でも通信制でもどちらでも良いです。

    代表的な学校に私が受講した札幌WEBプログラミングスクールがあります。

  4. 独学でプログラミングを学ぶ。
  5. できれば数本アプリを開発して面接時に見せられるようにする事がポイントです。
  6. 公的職業訓練のプログラミングコースを受講する
  7. 求職者支援制度と公共職業訓練があります。
  8. 企業が実施している無料のプログラミングスクールに通う
  9. バンキングシステムなどいくつかの企業が実施しています。
  10. 転職支援企業を利用する
  11. 未経験者・初心者の登録と支援を行っているIT系専門の「ワークポート 」が代表的な企業です。

◆これらの一つ々々について分りやすく詳しく解説しています。

ところでプログラマ、システムエンジニアってどんな仕事

 プログラムとは計画書という意味ですよね。

 プログラムとはコンピュータにやらせる仕事を順番に並べてた仕事の指示書です。
プログラムもアプリーケーションもソフトウェアも皆同じ意味です。

 このC言語やJava言語といったプログラム開発言語を使用し英単語でプログラムを作る職業がプログラマです。

 そしてプログラマチームのリーダー兼総設計者がシステムエンジニアです。

このサイトではプログラミングやシステム開発の最新の現場から得られる情報を分かりやすく詳しく解説しています。

プログラマになるために必要な知識と技術、勉強方法について

 0からスタートしてどんな知識や技術・スキルを、どんな勉強方法で身につけてれば良いか?

独学の場合に使用すべきお勧めの参考書などもバッチリ解説しています。

必要な機材とソフトウェアについても解説

 学習を進めるのに必要なパソコンの種類と性能や、そろえるべきソフトウェアなどもプログラム開発言語ごとに分かりやすく解説しています。

プログラマ・SEへの適性や労働環境、給与などはどうなの?

 プログラマ・システムエンジニアの仕事にまつわる適性や労働環境、給与など、様々な皆さんが疑問に思い知りたいと思う情報を掲載しています。
このサイトを利用すればほとんどの疑問点が解消されると思います。

求人の探し方から応募の方法、面接対策など短期間で就職できる方法を解説

 求人の探し方、転職支援企業・エージェントの活用方法、応募書類の書き方、面接対策。内定が出た後の条件交渉の仕方、その後のスキルアップのためのスクール活用方法や転職の仕方まで実体験に基づいて指南しています。